【免許】翼をもがれた僕はあまりにも無力で~第2話~

kzmyalcard2cm.hatenablog.com いつもより早い時間に鳴るベルの音で目を覚ます。 ここで僕は思い出す。自分が、翼を奪われた哀れな天使だったことに。自らの力で飛ぶことも叶わず、世界のしがらみから解放された存在にただすがることしかできないのだ…。 ということで、免許更新の準備と仕事の準備を終わらせる…